東京都・恵比寿駅西口から徒歩2分。
絵画教室アトリエ・エビスのブログです。

Archive for the ‘サムホール展’ Category

第12回サムホール展 寄付のご報告

2019.06.22

「チャリティーexhibition!! 第12回サムホール展」 へのご協力を誠にありがとうございました。

本年も絵画教室アトリエ・エビス/オモ3/ミタカ/版画ラボ/画室はサムホール展を通じてチャリティー企画を行いました。

おかげさまで、多くの方々のご理解とご協力を得ることができました。
 
売上金額:1,435,000円
募金金額:7,000円
参加費一部:39,400円
————————————
寄付金合計:1,481,400円
 

こちらは全額、下記2団体に寄付させていただきました。
名称:有限会社アトリエ・エビス 2018年サムホール展参加者一同 代表佐藤裕子 


さくら並木ネットワーク…¥700,000
津波到達最高地点に桜の苗木を130キロにわたって
植樹し、毎年の開花によって震災を風化させないプロジェクト。
将来の避難の目安にもなります。

 
 
こころスマイルプロジェクト…¥754,877/画材寄付:¥26,523
震災をきっかけに不登校になってしまった子どもや、
家族を亡くして心に傷を負ってしまった子ども、
また、その保護者一人ひとりの心に寄り添い活動している団体。
 
 

また本年は初めて画材を寄付させて頂きました。

 領収書と共に代表の志村さまよりお手紙も頂きました。(一部抜粋)
————-
東日本大震災から8年が経過し、年月の経過と共に震災の被害に対する社会的関心は薄れておりますが、いまだ子供たちの心のケアは必要な状況です。特に震災によるトラウマから不登校となった児童、家族を亡くした子どもたちは、依然として心の傷が癒えず、深い悲しみや不安を抱えております。このような状況を少しでも改善し、子供たちに明るい未来と希望を持って過ごせるよう、子供たちとそのご家族に寄り添って活動を進めて参る所存です。
皆様から頂戴したご寄附は、傷ついた子供たちの心のケアと復学支援のために大切に使用させて頂きます。
 
————
 
 ■アトリエ・エビス これまでの復興支援活動についてはこちら
 
■第12回サムホール展 展覧会の様子はこちら

また、引き続き私達のアートの力でお役に立ちたいと考えております。
今後とも宜しくお願い致します。

【サムホール展】桜植樹レポート2019

2019.03.23

さくら並木ネットワークとは…

東日本大震災の津波最高到達地点に桜の樹を植樹することによって、津波を風化させないこと、そして大津波の際に避難の目安となって地域住民を守る存在となることを目的としています。詳しくはこちらからどうぞ。

昨年の植樹レポートはこちらをご覧ください。

 2019年3月10日(日)、宮城県石巻市大川地区針岡間垣さくら広場にて開催された桜の植樹会に参加しました。震災前は住宅地でしたが津波の被害がひどく、現在は広場となっている場所です。

また付近には、津波が遡上した北上川が児童、教師を襲い、84名が犠牲になった大川小学校があります。震災当時と変わらない状態で校舎が現存し、震災前の様子が分かるようパネルが設置され、震災遺構として残っています。校舎内部は安全面から入ることは出来ませんが、校舎を見れば、津波の猛威が一目瞭然でした。

 

 

植樹地点と大川小学校(赤点)    

 

 

 

 

 

 

 

さくら広場の様子

 

 植樹会前日にさくら広場に訪れ、さくら並木ネットワークの方々や、毎回植樹会にてお世話になっている現地コーディネーターの吉武信幸さんが黙々と下準備をされているのを拝見させて頂きました。

そこでは植樹会当日に向けて、苗木には鹿に食べられないよう筒状にシートを巻き、保護をし、苗を埋める場所には穴を掘り、杭をさして準備をされていました。

こうした下準備がこのプロジェクトを支えているのだと植樹会を終えた今、実感しました。

 

 

 

 

 

桜並木ネットワークの方々

 

 

植樹会当日には170名ほどの方々が参加され、計101本の桜の木を植樹しました。

植樹記念碑にはサムホール展のテーマである「アートの力で できること」が刻まれていました。

サムホール展の寄付金から今回メインとなる成木が5本寄付されております。


 

 

 

 

今回は、オーナー、表参道校の近藤講師、スタッフ2名で植樹会に参加しました。
今後は、植樹記念碑に書かれた「間垣の地を見守る 慰霊桜」として桜がほころび、人々の笑顔溢れる桜公園になって欲しいと現地の方は仰っています。

植樹会終わりには地元の方から、牡蠣としうり貝(ムール貝)を振舞って頂き、アトリエからはおにぎりを提供致しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に記念写真を撮影しました。さくら並木ネットワークの皆様、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サムホール展 今回の会期は、4/7(日)~4/14(日)となっています。

会場は弘重ギャラリーです。

 

展示作品は全て購入可能。

売上金はすべて、こちらのさくら並木ネットワークをはじめ、こころスマイルプロジェクトに寄付されます。

楽しく描いて、買って、東北を応援しましょう!

 

アトリエ・エビス 今までの震災復興支援活動報告はこちら

 

 

チャリティーexhibition 第12回サムホール展 参加者募集開始!

2019.01.07

-アートの力で、できること-

チャリティーexhibition 第12回 サムホール展  

お申し込みはこちら⇒★申込みフォーム★ 満席となりました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●

“サムホール”というのは、絵画のサイズの名前です。
22.7×15.8センチメートルのちいさなサイズ。
このちいさなサイズに自分の世界を閉じ込めよう!という展覧会でしたが、2011年の東日本大震災以降、その思いを込めた作品を販売し全額を寄付させて頂くチャリティー展覧会として生まれ変わりました。
今年も「アートの力でできること」を合言葉に、支援を継続していきたいと思っております。
みなさまのご参加を心よりお待ちしております。

【第12回サムホール展 参加条件】

 1点3,000円での展示販売にご賛同いただける方

今回『作品販売を通し、被災地支援・文化貢献をする』という趣旨のもと出品作品全てを販売対象とさせていただきたいと思います。
皆様のご協力をお願い致します。

 

【募集要項】

展示会期 2018/4/7(日)~14(日) 11:00~19:00(最終日~17:00)

場所 弘重ギャラリー

お申込み締切 2018/3/18(月)

■作品提出締切 2018/3/31(日)19:00

■参加費会員:2,800円(税込3,020円)/非会員:3,300円(税込3,560円) 

(2枚目)会員:1,500円(税込1,620円)/非会員:2,000円(税込2,160円))

icon50参加費の一部も、寄付されます!icon50

■画材・テーマ 自由。額装なし。

※ただし、オリジナル作品に限ります。
※参加の方にはサムホールのキャンバスorパネルを1枚お渡しします。
尚、お一人様2枚まで出品出来ます。連作可。
 ※非会員の方の作品をご返却する場合は、着払いでの発送となります。

お申し込みはこちら⇒★申込みフォーム★

満席となりました!

 ※お申込キャンセルは致しかねます。予めご了承ください。

 ※定員に達し次第、締め切らせていただきます。

 

● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● 

サムホール展って??

★前回の様子はこちら→「2018年第11回サムホール展レポート」へ 

第11回サムホール展 寄付のご報告

2018.05.24

「チャリティーexhibition!! 第11回サムホール展」 へのご協力を誠にありがとうございました。

本年も絵画教室アトリエ・エビス/オモ3/ミタカ/版画ラボ/画室はサムホール展を通じてチャリティー企画を行いました。

おかげさまで、多くの方々のご理解とご協力を得ることができました。
 
売上金額:1,506,000円
募金金額:9,100円
参加費一部:38,000円
————————————
寄付金合計:1,553,100円
 

こちらは全額、下記2団体に寄付させていただきました。
名称:有限会社アトリエ・エビス 2018年サムホール展参加者一同 代表佐藤裕子 


さくら並木ネットワーク…¥1,000,000
津波到達最高地点に桜の苗木を130キロにわたって
植樹し、毎年の開花によって震災を風化させないプロジェクト。
将来の避難の目安にもなります。

さくら並木ネットワーク

 
 
こころスマイルプロジェクト…¥553,100
震災をきっかけに不登校になってしまった子どもや、
家族を亡くして心に傷を負ってしまった子ども、
また、その保護者一人ひとりの心に寄り添い活動している団体。
 

こころスマイルプロジェクト1

 

こころスマイルプロジェクト2

 
領収書と共に代表の志村さまよりお手紙も頂きました。(一部抜粋)
————-
東日本大震災から7年が経過し、石巻市は今なお復興に向けて歩を進めております。年月の経過と共に震災の被害に対する社会的関心は薄れておりますが、いまだ子供たちの心のケアは必要な状況です。このような状況を少しでも改善し、子供たちに明るい未来と希望を持って過ごせるよう、子供たちとそのご家族に寄り添って活動を進めて参る所存です。
皆様から頂戴したご寄附は、傷ついた子供たちの心のケアと復学支援のために大切に使用させて頂きます。
 
————
 
今年も、さくらの植樹とこころスマイルプロジェクトの代表志村さんにお会いしに東北に行ってまいりました。
「寄付先レポート」ご覧ください。
 

■アトリエ・エビス これまでの復興支援活動についてはこちら
 
■第11回サムホール展 展覧会の様子はこちら

また、引き続き私達のアートの力でお役に立ちたいと考えております。
今後とも宜しくお願い致します。

【サムホール展】寄付先訪問記

2018.04.06

アトリエ・エビスグループの会員の皆さま、毎年サムホール展へご出品、またチャリティーにご賛同いただき誠にありがとうございます。

 

毎年東北の被災地を訪問しておりますが、今年も寄付先を訪問致しましたので以下ご報告させて頂きます。

 

◆こころスマイルプロジェクト


↑代表の志村知穂さんと。広い視野を持って見つめ続ける、エネルギッシュな方です!

 

今回新たな寄付先となる「こころスマイル」。石巻平野の西端に位置する丘の上にコンテナハウスと自作の遊具のある広場からなる施設に、アトリエにあるアクリル絵具やスケッチブックをお土産に持って行きました。
 代表の志村知穂さんは震災時仙台在住。ご自分で会社をやっておられましたが、石巻に親戚が多かった関係で、震災後は学校給食の炊き出し等々救援に奔走されたとの事です。その後会社をたたみ、公的支援の枠からこぼれてしまったり、ケアが行き届かず心に深く傷を負った子供たちやその親の心のケアを続けておられます。当初はご自分の私財をつぎ込んでいましたが、今では複数の団体からの私的支援に支えられています。


桜並木ネットワークさんが植えた桜と自作の遊具、後ろがコンテナハウス。

 

ここの特徴は、アートセラピーをケアの手段の一つにしている事です。子供や親が、または一緒に自由に絵を描く事で言葉では表せない気持ちを吐き出して心の整理がつく事が多々あるとの事でした。


↑アートセラピーで描かれた絵、いろいろな心の表出になっています。

 

被災当時幼かった子供達も中学、高校へ進み心配は縮小するかのようにみえますが、むしろ時を経て深く傷ついていく子もいます。そういう子供たちにとって、「こころスマイル」はずっと第2の家として、運営されていくよう支援していきたいと思っています。

 


↑日和見公園からの眺め。
2011年に訪問した時とあまり変化がありません。

 

◆桜並木ネットワーク 甫嶺地区桜植樹

甫嶺(ほれい)駅は大船渡から海岸線を北上する南リアス線の4つ目にあたる無人駅です。太平洋に向かって開いている越喜来(おきらい)湾の中にあり、例にもれず大きな津波に襲われました。リアス線は大きな被害を受けましたが、村を守った駅と海岸の間の田圃はすっかり土砂に覆われ、今では海岸線に大きな堤防も建設されたので使われなくなってしまいました。その土地を花で埋め尽くして沿線を花いっぱいにする運動が立ち上がり、今回はその一環として桜並木ネットワークさんが桜を植えるお手伝いをし、その植樹に参りました。

 


「アトリエ・エビスサムホール展」からは成木3本、苗木20本を贈りました。村の方々と一緒に植えました。元は田圃だった土地ですが、津波で石がごろごろ層になっていて穴を掘るのは容易ではありませんでした。

 

 


記念碑の除幕式。中央大船渡市長戸田公明さん。右から2人目桜並木ネットワークの吉武さん、右から3人目甫嶺村自治会長の及川さん。

 

記念碑の除幕式には大船渡市長さんも駆けつけて下さいました。市長さんは震災前の1月に就任し、まさに復興のために市長になった方で、いろいろな苦労話をお聞きしました。震災から7年が経ち、物の復興はかなり目途が立ったが今後は過疎や若者の流出などとの戦いだとおっしゃっておいででした。

 
石碑の文言は村の方が考えたとのことで、願いがこもっていました。

その後、村の方のご厚意でおいしいバーベキューをいただきながら、震災当時のお話や復興の状況などをお聞きする事が出来ました。

↑バーベキューで村の方と交流しました。この方は唯一村人たちが全員助かった有名な吉浜(甫嶺の北)のご出身でした。村長さんが絶対海側に家を建てさせなかったそうです。チリ地震津波も経験。その時ほとんど自力の復興だったそうです。今回の震災ではたくさんのボランティアに助けられたんと大変感謝しておられました。


最後になりましたが、遠く離れた東京から少しでも被災地に関わりが持てるのは、地道に活動を続けているさくら並木プロジェクトの吉武さんの努力のおかげです、いつもありがとうございます!

いよいよ4月8日(日)より第11回サムホール展が開催されます!

皆様のお越しをお待ちしております!

(会員の方は4/7 13時~ご観覧頂けます)

 

2011年以降皆さまからお預かりした寄付金を毎年積み重ね、総額は9,557,625円にも達しております。本当にありがとうございます。

 

サムホール展寄付先について

2018.03.23

いよいよ今年のチャリティーexhibitionサムホール展開催まであと2週間となりました!
アトリエでは、完成した素敵な作品が続々と提出されております!!

そんな中、寄付先のさくら並木ネットワークの吉武さんより、こんな新聞記事が送られてきました。

昨年のサムホール展の作品売上の寄付金で、今年はこちらの「ホレイ花公園」に桜を植えます!
今から、地域の方々が楽しみにしていてくださっているようです。
(毎年アトリエスタッフが代表して東北に桜の植樹をしに行っております。その昨年の様子はこちら
今年も、サムホール展を通して東北と繋がれることが嬉しいです。

また、今年から新しい寄付先として「こころスマイルプロジェクト」にも寄付をさせていただきます。
東日本大震災最大の被災地である石巻市で、親を亡くした子供達やお子様を亡くされた親の心のケアをしているのがこの「こころスマイルプロジェクト」です。

サムホール展会場でもこの二つの寄付先についてのご紹介パネルを展示する予定です。

今年も『アートの力で、できること。』を合言葉にサムホール展を開催致します。
たくさんの方にご覧頂きたいと思います。
そして、是非愛情込めて制作した作品をご購入いただき東北の支援をしていただければと思います。

 

会員限定プレオープンは、4月7日(土)!
展覧会は4月8日(日)からです!
お楽しみに~!!

第11回サムホール展

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

第11回サムホール展

展示会期 2018/4/8(日)~15(日)

■時間 11:00~19:00(最終日は17:00まで)

場所 弘重ギャラリー

※会員限定プレオープン※
4/7(土)13:00~19:00

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

チャリティーexhibition第11回サムホール展 参加者募集開始!! 

2018.01.08

-アートの力で、できること-

チャリティーexhibition 第11回 サムホール展  

お申し込みはこちら⇒★申込みフォーム★

→定員数に達しました。沢山のお申込みをありがとうございました!(2/26現在)

● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●

“サムホール”というのは、絵画のサイズの名前です。
22.7×15.8センチメートルのちいさなサイズ。
このちいさなサイズに自分の世界を閉じ込めよう!という展覧会でしたが、2011年の東日本大震災以降、その思いを込めた作品を販売し全額を寄付させて頂くチャリティー展覧会として生まれ変わりました。
今年も「アートの力でできること」を合言葉に、支援を継続していきたいと思っております。
みなさまのご参加を心よりお待ちしております。

【第11回サムホール展 参加条件】

 1点3,000円での展示販売にご賛同いただける方

今回『作品販売を通し、被災地支援・文化貢献をする』という趣旨のもと出品作品全てを販売対象とさせていただきたいと思います。
皆様のご協力をお願い致します。

 

【募集要項】

展示会期 2018/4/8(日)~15(日) 11:00~19:00

場所 弘重ギャラリー

お申込み締切 2018/3/19(月)

■作品提出締切 2018/3/31(土)19:00

■参加費会員:2,800円(税込3,020円)/非会員:3,300円(税込3,560円) 

(2枚目)会員:1,500円(税込1,620円)/非会員:2,000円(税込2,160円))

icon50参加費の一部も、寄付されます!icon50

■画材・テーマ 自由。額装なし。

※ただし、オリジナル作品に限ります。
※参加の方にはサムホールのキャンバスorパネルを1枚お渡しします。
尚、お一人様2枚まで出品出来ます。連作可。
 ※非会員の方の作品をご返却する場合は、着払いでの発送となります。

 

→定員数に達しました。沢山のお申込みをありがとうございました!(2/26現在)

お申し込みはこちら⇒★申込みフォーム★

 ※お申込キャンセルは致しかねます。予めご了承ください。

 ※定員に達し次第、締め切らせていただきます。

 

● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● 

サムホール展って??

★前回の様子はこちら→「2017年第10回サムホール展レポート」へ !!

 

 絵画教室アトリエ・エビス 
初心者からベテランまで。 静物・人物・クロッキー会・ジュニアクラス。
明るくのびのび描けるアトリエ。
住所:東京都渋谷区恵比寿南1-13-10 ピオスコート1F
tel:03-3719-4920
mail:info@atebis.com

第10回サムホール展 寄付のご報告

2017.06.04

今年も、チャリティーexhibition!!
「第10回 サムホール展」 へのご協力、
誠にありがとうございました。

本年も絵画教室アトリエ・エビス/オモ3/ミタカ/版画ラボ/画室は
サムホール展を通じてチャリティー企画を行いました。

おかげさまで、多くの方々のご理解とご協力を得ることができました。
 
売上・寄付金額:1,430,025円
参加費一部:38,300円
————————————
寄付金合計:1,468,325円

こちらは全額、下記2団体、3つのファンドに寄付させていただきました。
名称:有限会社アトリエ・エビス 2017年サムホール展参加者一同 代表佐藤裕子 


さくら並木ネットワーク¥568,325
津波到達最高地点に桜の苗木を130キロにわたって
植樹し、毎年の開花によって震災を風化させないプロジェクト。
将来の避難の目安にもなります。

さくら並木ネットワーク

さくら並木ネットワーク

 

企業メセナ協議会 東日本大震災 芸術・文化による復興支援…¥500,000
『百祭復興プロジェクト』文化芸能復興のための基金(お祭りの再生等)

GBFund 東日本大震災

GBFund 東日本大震災

 


 
企業メセナ協議会 熊本地震に関する熊本・大分への寄付¥400,000
有形無形の文化資源を再生する活動や、熊本・大分を応援する目的で行われる芸術・文化活動を支援
GBFund 熊本・大分

GBFund 熊本・大分

 

クロージングパーティーでは、元企業メセナ協議会専務理事の加藤種男氏にお越しいただき、
メセナ協議会の活動のお話、表現活動の重要性、また趣味として絵を描くアマチュアの楽しさを、
江戸時代の文人画など例とした大変面白いお話をしていただきました!


32

 
-------------------------
 

■■アトリエ・エビス これまでの復興支援活動についてはこちら■■
 
■■第10回サムホール展 展覧会の様子はこちら■■

また、引き続き私達のアートの力でお役に立ちたいと考えております。
今後とも宜しくお願い致します。

icon1icon2icon3icon4icon1icon2icon3icon4icon1icon2icon3

 絵画教室アト リエ・エビス 
初心者からベテランまで。
絵画・人物・クロッキー・ジュニアクラス。
明るくのびのび描けるアトリエ。
住 所:東京都渋谷区恵比寿南1-13-10 ピオスコート1F
tel.fax: 03-3719-4920 
mail: info@atebis.com

第10回サムホール展 『プレオープン』と『クロージングイベント』

2017.03.27

今年のサムホール展では二つのイベントをご用意しました。

まず一つ目は、
①【アトリエ会員限定】
 プレオープン 4/8(金) 13:00~19:00

プレオープンとは、一般会期に先駆けて、アトリエ会員限定入場で、
 icon50一足先に作品が見れます!
 icon51一足先に作品が購入できます!

今年は多くの会員の方が来場しやすい様に
プレオープンの時間を長く、そして週末の土曜日に開催。

購入していただいた作品代金は、
今年も全額を東北の文化支援活動に寄付いたします。

また18:00からは開催を記念して、皆さまと乾杯!wineicon201
ドリンクご用意いたします。
アトリエ会員であれば、どなた様でもご入場いただけます。

一般開場は、翌日の9日(土)11:00からとなります。

プレオープン告知

そして、二つ目は
会期最終日のクロージング・イベント

karaoke4月16日(日) 18:00スタート

加藤種男氏をお呼びして、トークイベントを開催いたします。

地域振興と芸術文化の振興を結びつける活動を多数展開されてきた氏より、
「アート」と「社会」のつながりなどをお話しいただく予定です。


クロージング告知

是非是非、みなさまお誘いあわせの上お越しください!

弘重ギャラリーにてお待ちしております!

 

『charity exhibition 第10回サムホール展』

会期:2016年4月9日(日)~16日(日)
  ※プレオープン 4月8日(土)13:00~19:00

時間:11:00~19:00 月曜休廊

会場:弘重ギャラリー
  〒150-0022東京都渋谷区恵比寿南2-10-4
   ART CUBE EBIS 1F・ B1F

 

サムホール展出品作品・人物クラス・デモスト週間!!

2017.03.10

第10回サムホール展関連企画!!

サムホール展出品作品・人物クラスデモスト週間!!

おかげさまでサムホール展の申込みも早々と満席になり、開催まであと1ヵ月を切りました!
そんなサムホール展を盛り上げるべく、人物クラスの担当講師がひと肌脱ぎました!
各担当クラスで、実際にいらっしゃっているモデルさんをデモストで描き、その作品をサムホール展で展示販売致します。

まだ、制作の途中ですが、ご紹介~☆

写真 2017-03-10 18 57 23

 

どの作品が、どの先生の作品でしょうか??
わかる方は、かなりのアトリエマニアですね!!

どのクラスでデモストをやっているのかは、アトリエのモデル情報をご覧ください!↓↓

 

写真 2017-03-10 18 58 12

写真 2017-03-10 18 58 54

 

●五十嵐講師…月曜・夜間クラス
●高堀講師…火曜・午後クラス
●木下講師…火曜・夜間クラス
●山中講師…水曜・夜間クラス
●川嶋講師…木曜・午前クラス
●仙石講師…金曜・夜間クラス
●友清講師…日曜・午前クラス

それぞれの講師のデモストを見たい!!という方は、是非お振替や追加レッスンのお申込みをお待ちしております!
振替・追加レッスンお申込みフォーム

※デモストが終了している場合もございますので、ご予約の前にスタッフまでご確認ください。

icon1icon2icon3icon4icon1icon2icon3icon4icon1icon2icon3icon1icon2icon3icon4

   絵画教室アト リエ・エビス 
初心者からベテランまで。
絵画・人物・クロッキー・ジュニアクラス。
明るくのびのび描けるアトリエ。
住所:東京都渋谷区恵比寿南1-13-10 ピオスコート1F
tel.fax:03-3719-4920
mail:info@atebis.com