東京都・恵比寿駅西口から徒歩2分。
絵画教室アトリエ・エビスのブログです。

Archive for the ‘サムホール展’ Category

第10回サムホール展 寄付のご報告

2017.06.04

今年も、チャリティーexhibition!!
「第10回 サムホール展」 へのご協力、
誠にありがとうございました。

本年も絵画教室アトリエ・エビス/オモ3/ミタカ/版画ラボ/画室は
サムホール展を通じてチャリティー企画を行いました。

おかげさまで、多くの方々のご理解とご協力を得ることができました。
売上・寄付金額:1,430,025円
参加費一部:38,300円
————————————
寄付金合計:1,430,025円

こちらは全額、下記2団体、3つのファンドに寄付させていただきました。
名称:有限会社アトリエ・エビス 2017年サムホール展参加者一同 代表佐藤裕子 


さくら並木ネットワーク¥568,325
津波到達最高地点に桜の苗木を130キロにわたって
植樹し、毎年の開花によって震災を風化させないプロジェクト。
将来の避難の目安にもなります。

さくら並木ネットワーク

さくら並木ネットワーク

 

企業メセナ協議会 東日本大震災 芸術・文化による復興支援…¥500,000
『百祭復興プロジェクト』文化芸能復興のための基金(お祭りの再生等)

GBFund 東日本大震災

GBFund 東日本大震災



企業メセナ協議会 熊本地震に関する熊本・大分への寄付¥400,000
有形無形の文化資源を再生する活動や、熊本・大分を応援する目的で行われる芸術・文化活動を支援
GBFund 熊本・大分

GBFund 熊本・大分

 

クロージングパーティーでは、元企業メセナ協議会専務理事の加藤種男氏にお越しいただき、
メセナ協議会の活動のお話、表現活動の重要性、また趣味として絵を描くアマチュアの楽しさを、
江戸時代の文人画など例とした大変面白いお話をしていただきました!


32

-------------------------

■■アトリエ・エビス これまでの復興支援活動についてはこちら■■
■■第10回サムホール展 展覧会の様子はこちら■■

また、引き続き私達のアートの力でお役に立ちたいと考えております。
今後とも宜しくお願い致します。

icon1icon2icon3icon4icon1icon2icon3icon4icon1icon2icon3

 絵画教室アト リエ・エビス 
初心者からベテランまで。
絵画・人物・クロッキー・ジュニアクラス。
明るくのびのび描けるアトリエ。
住 所:東京都渋谷区恵比寿南1-13-10 ピオスコート1F
tel.fax: 03-3719-4920 
mail: info@atebis.com

第10回サムホール展 『プレオープン』と『クロージングイベント』

2017.03.27

今年のサムホール展では二つのイベントをご用意しました。

まず一つ目は、
①【アトリエ会員限定】
 プレオープン 4/8(金) 13:00~19:00

プレオープンとは、一般会期に先駆けて、アトリエ会員限定入場で、
 icon50一足先に作品が見れます!
 icon51一足先に作品が購入できます!

今年は多くの会員の方が来場しやすい様に
プレオープンの時間を長く、そして週末の土曜日に開催。

購入していただいた作品代金は、
今年も全額を東北の文化支援活動に寄付いたします。

また18:00からは開催を記念して、皆さまと乾杯!wineicon201
ドリンクご用意いたします。
アトリエ会員であれば、どなた様でもご入場いただけます。

一般開場は、翌日の9日(土)11:00からとなります。

プレオープン告知

そして、二つ目は
会期最終日のクロージング・イベント

karaoke4月16日(日) 18:00スタート

加藤種男氏をお呼びして、トークイベントを開催いたします。

地域振興と芸術文化の振興を結びつける活動を多数展開されてきた氏より、
「アート」と「社会」のつながりなどをお話しいただく予定です。


クロージング告知

是非是非、みなさまお誘いあわせの上お越しください!

弘重ギャラリーにてお待ちしております!

 

『charity exhibition 第10回サムホール展』

会期:2016年4月9日(日)~16日(日)
  ※プレオープン 4月8日(土)13:00~19:00

時間:11:00~19:00 月曜休廊

会場:弘重ギャラリー
  〒150-0022東京都渋谷区恵比寿南2-10-4
   ART CUBE EBIS 1F・ B1F

 

サムホール展出品作品・人物クラス・デモスト週間!!

2017.03.10

第10回サムホール展関連企画!!

サムホール展出品作品・人物クラスデモスト週間!!

おかげさまでサムホール展の申込みも早々と満席になり、開催まであと1ヵ月を切りました!
そんなサムホール展を盛り上げるべく、人物クラスの担当講師がひと肌脱ぎました!
各担当クラスで、実際にいらっしゃっているモデルさんをデモストで描き、その作品をサムホール展で展示販売致します。

まだ、制作の途中ですが、ご紹介~☆

写真 2017-03-10 18 57 23

 

どの作品が、どの先生の作品でしょうか??
わかる方は、かなりのアトリエマニアですね!!

どのクラスでデモストをやっているのかは、アトリエのモデル情報をご覧ください!↓↓

 

写真 2017-03-10 18 58 12

写真 2017-03-10 18 58 54

 

●五十嵐講師…月曜・夜間クラス
●高堀講師…火曜・午後クラス
●木下講師…火曜・夜間クラス
●山中講師…水曜・夜間クラス
●川嶋講師…木曜・午前クラス
●仙石講師…金曜・夜間クラス
●友清講師…日曜・午前クラス

それぞれの講師のデモストを見たい!!という方は、是非お振替や追加レッスンのお申込みをお待ちしております!
振替・追加レッスンお申込みフォーム

※デモストが終了している場合もございますので、ご予約の前にスタッフまでご確認ください。

icon1icon2icon3icon4icon1icon2icon3icon4icon1icon2icon3icon1icon2icon3icon4

   絵画教室アト リエ・エビス 
初心者からベテランまで。
絵画・人物・クロッキー・ジュニアクラス。
明るくのびのび描けるアトリエ。
住所:東京都渋谷区恵比寿南1-13-10 ピオスコート1F
tel.fax:03-3719-4920
mail:info@atebis.com

第10回チャリティーexhibition サムホール展開催!

2017.02.27

smpos

 

icon1icon2icon3icon4icon1icon2icon3icon4icon1icon2icon3icon4icon1icon2icon3icon4icon1icon2icon3icon4icon1icon2icon3icon4icon1icon2icon3icon4icon1icon2icon3icon4icon1icon2icon3icon4

第10回チャリティーexhibition サムホール展

展示会期 2017/4/9(日)~16(日) 11:00~19:00

展示会場 弘重ギャラリー 〒150-0022東京都渋谷区恵比寿南2-10-3ART CUBE EBIS B1F

プレオープン 2017/4/8(土) 13:00~19:00 (※アトリエ会員限定)

icon1icon2icon3icon4icon1icon2icon3icon4icon1icon2icon3icon4icon1icon2icon3icon4icon1icon2icon3icon4icon1icon2icon3icon4icon1icon2icon3icon4icon1icon2icon3icon4icon1icon2icon3icon4

 

icon58サムホール展の楽しみ方をご紹介!!icon58

1

 

1)鑑賞する楽しみ

 様々な画材やモチーフの作品が一堂に並びます!全講師・スタッフの作品も展示されますよ!

 

2)買う楽しみ

全作品が購入できます!(1点3000円~)

 

3)お気に入りの作品の作者のメッセージ

 気に入った作品には、作者へメッセージを描くことができ、カードはそのまま作者のもとへ届きます!

 

4)チャリティーに参加!

作品の売上金は、全額下記に寄付されます。

icon50企業メセナ協議会 GBFund『百祭復興プロジェクト』

被災した郷土芸能・祭りの再興支援活動を行っています。

icon50企業メセナ協議会GBFund 熊本・大分

熊本地震に関する熊本・大分への寄付です。

icon50さくら並木ネットワーク

津波の最高到達地点に桜を植え、津波の被害を風化させないプロジェクトです。

 

 

楽しみながら、「アートの力でできること。」

展覧会会場でお待ちしております!!!

 

 

 

【サムホール展】桜植樹レポート2017

2017.02.10

【サムホール展】桜植樹レポート 2017

cherryblossomさくら並木ネットワーク とは…cherryblossom
東日本大震災の津波最高到達地点に桜の樹を植樹することによって、津波を風化
さ せないこと、そして大津波の際に避難の目安となって地域住民を守る存在となる
こ とを目的としています。詳しくはこちらからどうぞ。

cherryblossom昨年の植樹レポートはこちらをご覧ください。

今年は、例年より1ヶ月ほど早い2月5日(日)
福島県南相馬市小高地区での植樹会にスタッフ3名で参加してきました。
この地区は、福島第一原発から20km圏内にある地区で一時は避難区域となっていました。
地区の一部はまだ住民の方が戻ってくることのできない帰還困難区域となっています。

01

植樹地点は海にほど近い小高川のほとり。(赤い地点)
緑色に塗られたエリアが津波が到達したところです。
当時津波は小高川(地図の中央)を3km遡ったとの事。右は植樹場所からおよそ1キロほど、小高駅近くの当時の様子です。

0203

南相馬市では避難指示が解除されたものの、避難したまま地元に人が戻ってこないことも多く、深刻な過疎化が進んでいます。
小高地区の海沿いは荒涼とした土地が広がるばかりです。

1617
※まったく同じ場所ではありませんが、左が2011年当時、右が現在の様子です。

また、近隣の浪江町・富岡町などは放射能汚染の為に未だ避難指示が解除されていません。
(28年3月一部解除予定)

04

そこで立ち上がったのが【おだか千本桜プロジェクト】
徐々に活気を失いつつある町に千本の桜を植え、環境美化・町の復興を目指すプロジェクト
1年ほど前から3回にわたる植樹会で400本の桜を植えました。
今回はその4回目の植樹会に【さくら並木ネットワーク】を通し、河津桜の苗木を21本支援させて頂きました。

05

こちらはさくら並木ネットワーク 現地コーディネーターの吉武信幸さん。
毎回植樹会でお世話になっております。
最初に苗木の植え方をデモンストレーションしてくださいました。
08

早速苗木を植えていきます。今年のアトリエスタッフ植樹担当は男手2名。頼もしいrockicon200
土を入れ水で沈め、苗木を杭に結わえつけていきます。

09 10

今回は比較的早く作業が進められたのですが、実はそれはおだか千本桜プロジェクトの方や
さくら並木ネットワークの方が事前に穴を掘ったり杭を打ったりして事前の準備をしてくれていたからなのですが
実はこのプロジェクトの大半を支えているのが、こういう見えない部分の作業なのです。

07 06

 植樹が年々進んでいる今、【植える事 】以上に大変になってきているのは【メンテナンス】です。
桜を10年、20年単位で大きく育てていくために、害獣から守るネットをはったり、苗の状況を見に行ったり
する必要があり、このプロジェクトを成功させるためにはまだまだ継続的な支援が必要です。

苗木を植えた後は、地元の方手作りのおいしーい豚汁や、おにぎりの差し入れをいただきました。
もぐもぐ中のスタッフO。riceball この後は力仕事がもう一つ。。。それは…!

12 13  
植樹記念石碑の設置です。物凄い重量で、男性3~4名でやっと動かせるほど。スタッフOとAも加勢しましたよ!
石碑の後ろ側には、近年のサムホール展のテーマ【アートの力でできること】が刻まれています。
植えた桜の支柱には、スタッフ3名の復興を願うメッセージをつけてきました。

 1511

最後に記念写真(再び)cameraicon206icon208

14

おだか千本桜プロジェクトの皆様、さくら並木ネットワークの皆様、ありがとうございました^^

 smpost

本年で10回目を数えるcherryblossomサムホール展cherryblossom
今回の会期は4/9(日)~4/16(日)、場所は弘重ギャラリーです。

展示作品は全て購入可能。
売上金はすべて、こちらのさくら並木ネットワークをはじめ、東北の文化復興支援プロジェクト
また今年は熊本・大分の震災の分か復興支援にも寄付されます。

楽しく描いて、買って、東北を応援していきましょう!

アトリエ・エビス 今までの震災復興支援活動報告はこちら

第9回サムホール展 寄付のご報告

2016.07.06

今年も、チャリティーexhibition!!
「第9回 サムホール展」 へのご協力、
誠にありがとうございました。

本年も絵画教室アトリエ・エビス/オモ3/ミタカはサムホール展を通じてチャリティー企画を行いました。
また、今回は今年の3月に新しくオープンいたしました弘重ギャラリーで行い、
沢山の方にご来場いただきました。

おかげさまで、多くの方々のご理解とご協力を得ることができました。
売上・寄付金額:1,281,000円
参加費一部:32,500円
寄付金合計:1,313,500円

こちらは全額、下記4団体に寄付させていただきました。
名称:アトリエ・エビス「サムホール展」参加者一同 

まず、売上・寄付金は下記3団体に寄付させていだきました。

企業メセナ協議会…¥500,000
『百祭復興プロジェクト』文化芸能復興のための基金(お祭りの再生等)

メセナ協議会

メセナ協議会

独立行政法人国立文化財機構 東京国立博物館¥350,000
国や県等の要請を受け、文化財の搬出・保管・修理等など、
文化財の救出活動を行っています。
東京国立博物館

東京国立博物館


さくら並木ネットワーク¥431,000
津波到達最高地点に桜の苗木を130キロにわたって
植樹し、毎年の開花によって震災を風化させないプロジェクト。
将来の避難の目安にもなります。

さくら並木ネットワーク

さくら並木ネットワーク

今回のプレオープンでは、さくら並木ネットワークの吉武さんにお越しいただき、
東北と同じ「あまのがわ」という桜を弘重ギャラリーに植樹していただきました。
桜植樹

さらに、参加費の一部を今年の4月に発生した熊本地震で損害した熊本城に
寄付させていただきました。

熊本城災害復旧支援金¥32,500
熊本

熊本

-------------------------
今回も、たくさんのご支援が集まったことは非常に素晴らしいことと受け止めています。
ご賛同頂きました皆様、誠にありがとうございます。
アトリエ・エビスは心の支えとなる文化の復興も、
経済の復興同様に重要、継続的に応援したいと思っています。

02

■■アトリエ・エビス これまでの復興支援活動についてはこちら■■
■■第9回サムホール展 展覧会の様子はこちら■■

また、引き続き私達のアートの力でお役に立ちたいと考えております。
今後とも宜しくお願い致します。

icon1icon2icon3icon4icon1icon2icon3icon4icon1icon2icon3icon4

 絵画教室アト リエ・エビス 
初心者からベテランまで。
絵画・人物・クロッキー・ジュニアクラス。
明るくのびのび描けるアトリエ。
住 所:東京都渋谷区恵比寿南1-13-10 ピオスコート1F
tel.fax: 03-3719-4920 
mail: info@atebis.com

【姉妹校】
絵画教室アトリエ・オモ3
ちょっとオシャレでプレミアムなスクール。
日本画・絵画(油彩・水彩・デッサン)クラス。
〒150-0001
東 京都渋谷区神宮前5丁目6-13ヴァイス表参道3-A
tel:03-6311-0230

弘重ギャラリーNEWS #17

2016.04.04

■■■弘重ギャラリーNEWS■■■

昨年のチャリティーexhibition、サムホール展の寄付金の一部をさくら並木ネットワークを通し、
さくらの植樹というかたちで寄付させて頂きましたicon213
植樹のレポートはこちら

そして宮城県仙台市荒井東災害復興住宅で植樹した「あまのがわ」という同じ品種のさくらを
弘重ギャラリーにも植樹しました!

syokujyu            植樹

↑弘重ギャラリーに植樹した「あまのがわ」cherryblossom   ↑仙台で植樹した「あまのがわ」cherryblossom

ギャラリー正面向かって左側に植わっています。東北地域とのつながりもより強いものになりました

現在、弘重ギャラリーにてチャリティーexhibition、サムホール展を10日まで開催中ですicon217
今年も作品の売上全額を東北の芸術文化支援活動に寄付させていただきます。ご協力お願いいたします。

ギャラリーにお立ち寄りの際には是非さくらをご覧になってくださいね!

第9回 「サムホール展」 -charity exhibition-

会期:2016/4/2(sat)~10(sun)

時間:平日:11:00〜20:00 土日:10:00~20:00

会場:弘重ギャラリー
    〒150-0022東京都渋谷区恵比寿南2-10-4 ART CUBE EBIS 1F・ B1F

【サムホール展】桜植樹レポート 2016

2016.04.02

【サムホール展】桜植樹レポート 2016

cherryblossomさくら並木ネットワーク とは…cherryblossom
東日本大震災の津波最高到達地点に桜の樹を植樹することによって、津波を風化
さ せないこと、そして大津波の際に避難の目安となって地域住民を守る存在となる
こ とを目的としています。詳しくはこちらからどうぞ。

cherryblossom昨年の植樹レポートはこちらをご覧ください。

今年は、3月27日(日)にオーナー佐藤とアトリエスタッフ3名で仙台市荒浜地区へ昨
年の寄付金による桜の植樹と桜の成木、石碑のお披露目式へ参加して参りました。

IMG_2478

所は、宮城県仙台市荒井東災害復興住宅
仙台駅から昨年末に開通した地下鉄に乗って15分のところにある荒井駅。
そこから徒歩5分 程のところにあります。
建設中の住宅もたくさん見られ、これから発展していくこの地域には、
福島など他の被災地域から移転された方や、地下鉄が開通したことにより移住してきた方など
様々な背景をもった人たちが集まっています。

 

IMG_2572

またこの住宅は仙台平野の中で最も被害が大きかった荒浜地区から車で3分ほどの所にあります。

荒浜地区では約5メートルの防潮堤と幅50~数百メートルの松林を備えていましたが、
震災時の 津波はその3倍の10メートルを超えていたそうです。
住民が多く非難した荒浜小学 校も近くにあります。

小学校は他校と統合されるため2016年3月31日をもって閉校 となりました。



IMG_2485


IMG_2491

植樹は雲一つない快晴の中、住宅の集会所がある中央の広場で行われました。
自治会長さん、さくら並木ネットワークの代表の細沼さんが今回の植樹の経緯をお話しになり
オーナー佐藤がアトリエ・エビスの会員さんのご協力についてお話しました。

 

IMG_2503 石碑

 そして石碑の御披露目です。文章は住宅にお住いの方が考えられました。

「人びとの 心が和む 集いの桜」です。
これから人が集まってくる地域にぴったりの言葉ですね!
除幕は皆で行いました!

『アートの力でできること』という、サムホール展のテーマとアトリエ・エビスの名前も刻んでいただきました。

 

仙台2

お披露目の後、指導を受けて住民の皆さんとシャベルで土を堀り、
桜の苗木を植えます。

IMG_2519

全部で17本の苗木がありましたが、住民の皆さんのご協力がありスムーズに終了しました。


IMG_2522

植樹をした後支えを添えて完成です!

集合

最後に集合写真をパシャリ☆

 

(null)

お昼は、住民の方とボランティアの方が、お餅をつき、
豚汁をふるまって下さいました。スタッフも餅つきに挑戦しました!

IMG_2539

 この成木は今年から花を咲かせるということで住民の皆さんも
花が咲くのを楽しみだとおっしゃっていました!
石碑の言葉通り、これから栄えて行く地区の人々をつなぐ桜に
なって行ければいいなと思い ました。

 Print

そして本年で9回目を数えるicon206サムホール展icon206が本日4/2~4/10まで
開催されています。展示作品は全て購入可能です。
売上金の一部は、こちらのさくら並木ネットワークに寄付されます。

楽しく描いて、買って、東北を応援していきましょう!

アトリエ・エビス 今までの震災復興支援活動報告はこちら

サムホール展:アトリエ会員さま限定!プレオープン!

2016.03.26

プリント

 

 

 

icon206アトリエ会員さま限定:プレオープンicon206

 

4/1(金) 17:30~20:00

アトリエ会員さんだけ、一足先に作品をみれちゃいます!
そして、お気に入りの作品がありましたら、購入も一足先にできますよ。

作品を購入していただいた全額を東北の文化支援活動に寄付いたします。

18:30からは、その寄付先である

icon50さくら並木ネットワーク

(津波の最高到達地点に桜を植え、津波の被害を風化させないプロジェクトです。)

の吉武さん(一番左)に活動内容や東北のお話しをしていただく予定です。

19

 

※2014年にスタッフが東北に桜の木を植樹に行った際の写真です。
植えている最中に大雨が降り、みんなびしょ濡れです。

 

是非是非、みなさまお誘いあわせの上お越しください!!
弘重ギャラリーにてお待ちしております!

 

『charity exhibition 第9回サムホール展』

会期:2016年4月2日(土)~10日(日)
  ※プレオープン 4月1日(金)17:30~20:00

時間: 平日 11:00~20:00 土日 10:00~20:00

会場:弘重ギャラリー
  〒150-0022東京都渋谷区恵比寿南2-10-4 ART CUBE EBIS 1F・ B1F

 

 

第9回チャリティーexhibition サムホール展!

2016.03.22

 Print

-アートの力で、できること-

『チャリティーexhibition 第9回 サムホール展』 

A4よりも少し小さい【サムホールサイズ】に限定された展覧会です。

展示作品は購入することができます。(1点3000円~)

売上金は全額東北の芸術文化支援活動に寄付されます。

新しい弘重ギャラリーのホワイトキューブに400点以上の作品が展示される予定です。

ぜひご高覧下さい。

 

【チャリティーexhibitionについて】

 2011年の東日本大震災以降、
5年間チャリティー展示としてご賛同いただいた出展作品を販売し全額を寄付させていただいておりました。

 今年5年が経過し、少しずつ震災の記憶が遠くなりつつありますが、
このサムホール展はこのままチャリティーとして継続することに致しました。

 それは、年に1度はこの展覧会を通して震災の地域や人々の事を思い出し、
笑顔が戻るまで「アートの力でできること」をテーマに、継続していきたいと考えているからです。
アトリエの全講師、全スタッフも参加する唯一の展覧会、描いて・観て・買って・売って・寄付して皆で楽しみましょう!

 

【支援先】

icon50企業メセナ協議会 GBFund『百祭復興プロジェクト』

被災した郷土芸能・祭りの再興支援活動を行っています。

icon50独立行政法人国立文化財機構 東京国立博物館

被災地の被災文化財の救出活動を行っています。

 icon50さくら並木ネットワーク

津波の最高到達地点に桜を植え、津波の被害を風化させないプロジェクトです。

 

『charity exhibition 第9回サムホール展』

会期:2016年4月2日(土)~10日(日)

時間: 平日 11:00~20:00 土日 10:00~20:00

会場:弘重ギャラリー
  〒150-0022東京都渋谷区恵比寿南2-10-4 ART CUBE EBIS 1F・ B1F